まくら・マットレス

  • 朝、起きた時に身体が痛い
  • 朝、起きた時に身体がだるい
  • 夜中に何度も目が覚める
  • しっかり寝たつもりが疲れがとれない
  • 寝つきが悪い

一つでも該当する方は、まくらやマットレスがあっていない可能性があります!

睡眠時は非常に大切です!

よつば整骨院では寝具のご相談も承っています。

なぜ、睡眠が大切なのか?

健康を保つには、栄養・運動・睡眠・身体のケアが非常に大切です。

特に睡眠は身体の疲れをとり心身の修復をしてくれます。眠っている間には成長ホルモンが分泌され疲れをとるとともに傷んだ組織を修復してくれます。

睡眠が不足すると、身体の疲れが取れない為、日中ずっと疲れた状態で身体のだるさや頭がぼーっとしたりと日々の活動に支障をきたしてしまいます。

当院のまくら・マットレス

寝具についての質問を受けても、なかなか自信をもってお勧めできる寝具がなく、調べていたのですが、

知り合いの先生より、この39デザインマットレスを紹介され、すぐに試してみました。

低反発でも高反発でもない、今までのまくら・マットレスと全然違うのが一晩で実感でき、これなら自信をもってお勧めできると思い、すぐに取り扱いを開始しました。!

39デザインマットレスの特徴

さわり心地がちがう

低反発や高反発といった反発性を打ち出した商品が多い中、このマットレスは基本的な心地よい感覚を追求。手のひらでふれた時の「さわり心地」の良さが「寝心地の良さ」につながり寝がえりのしやすいマットレスを実現しました。

身体の負担を軽減

人は横になるとお尻に一番加重がかかるので、朝起きた時に感じる腰の痛みの原因に。このマットレスは身体の一部に負担をかけないよ「体圧分散性」を考慮しているので、ラクな体勢で眠れます。

人肌感触の気持ちよさ

赤ちゃんを抱っこする母親の二の腕や胸の感触を目指して開発された素材。

人肌の様な程よい弾力と滑らかさが安心感を与えスムーズな入眠を促します。

卵のパックの様な凹凸

「人肌感触」素材に凹凸をつけることで、よりさわり心地を良くし、ふんわりと身体を支える設計に。疲れた足や腰はもちろん全身にフィットし、リラックスできます。

39デザインマットレスは肌に吸い付くような弾力の凹凸素材と体圧分散機能により睡眠時の姿勢を整え寝心地の良さを実感できます。

赤ちゃんを抱っこする母親の身体の感触のように開発され、人肌に近い弾力と肌触りが低反発でも高反発でもない独特の感触により気持ちのよい睡眠をサポートします。

よつば整骨院に実物がありますので、いつでも体感することが出来ますので、まくらやマットレスといった寝具でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。